お金にまつわること

えるまにー

アフィリエイト

ワードプレスのテンプレート「アフィンガー4」を購入して使ってみた感想

更新日:

アフィリエイトで稼ぎたい人用のテンプレート「アフィンガー4」

アフィリエイトを実践している方なら、アフィンガーというワードプレスのテンプレートがある事を知っている人は少なくないと思う。

僕はアフィリエイトに本腰を入れているタイプじゃなかったので、その存在を知ったのは今年に入ってからだった。

しかも、有料である。

無料テンプレートを探している時だったので、有料という時点で除外対象だったんだけど、でも、ランキング機能があるという1点のみで検討対象になり、そして購入に至った。

で、使ってみたので、その感想をツラツラと書いてみる。

ランキング機能

アフィンガーの何よりものメリットは、美麗なランキング機能を簡単に作れるということ。

デモサイトのランキング機能ページ

オススメしたい商品をランキング形式で紹介する事ができれば、訴求効果はハンパないものがある。

実際、僕もそうですが、あなたも何かを買う時にはランキング形式で紹介されている商品に目が行きませんか?

ランキングされているモノの中で上位に位置するモノをついつい選びたくなるのが人間です。そのランキング機能を簡単に作れるという、素晴らしいメリットがついているテンプレートです。

僕が探した限り、無料で美しいランキング形式で表示できるテンプレートはありません。(もしあれば、教えてください・・・)

ランキング機能を使ってみて思うコト

ランキング機能を簡単に作れる事がウリではありますが、使ってみて思う事はいくつかあります。

  • ランキングは1種類しか作れない。
  • ランキングは3位までしか作れない。

この2点です。

考え方としてはこうです。
そのサイト(もしくはブログ)においてランキング形式は1つしか使えないので、テーマごとにサイト(ブログ)を立ち上げる人を対象としていると思われます。

例えば「〇〇の比較サイト」と、1つのテーマの区切りでサイトを立ち上げる人にはもってこいですが、雑多な事を書くブログのようなものの場合は、あまり使い道がない機能です。

また、ランキング形式で紹介できるのは3つまでです。
工夫次第でTOP10形式で書く事もできますが、これは多少ワードプレスでの運用に慣れた人じゃないと難しいかもしれません。

つまり、1テーマ1サイトを運営する前提であり、上位3商品の紹介でも良いよって考え方の人なら、まさにうってつけのテンプレートです。

(実際、上位3アイテムであってもランキング形式の紹介としては事足りますしね)

おすすめ記事機能

例えアフィリエイト狙いのサイトであろうがブログであろうが、記事を一定量書かないとなかなか成果には結びつきません。

良質な記事をたくさん更新する事が大切なのは、アフィリエイトであるかどうかに関係なく、サイト運営、ブログ運営の基本中の基本です。

ただ、その記事の中には、どうしても読んでほしい記事というものが出てくるものです。

例えば、「○○の比較サイト」を作ったのなら、中でもオススメする商品に特化して書かれている記事であるとか、運営者の想いを熱く書いた記事であるとか。

そういう、訪問者に是非読んでほしい記事をサイドバーに「オススメ記事」という形で常時表示できる機能として「オススメ記事機能」がアフィンガーには付いています。

これは便利です。
(画像内の、おすすめ記事A,おすすめ記事B,おすすめ記事Cの部分です。)

単純にアクセス数だけでランキングした人気記事形式のウィジットがワードプレスにはありますが、アクセス数が多い=良い記事であるのかと言えばそうとも言い切れません。

アフィリエイトの場合、売上に直結する記事はむしろ検索エンジンからのアクセス数が少なくなる事も珍しくありません。

アクセス数のみでランキング付したウィジットだと、そのような読んでほしい記事が埋もれてしまい、浮上するキッカケもありません。

そのような視点で考えても「おすすめ記事機能」は、アフィリエイト狙いでサイト運営をする方にはあって損はない機能であり、あれば得する事ばかりの機能だと思います。

おすすめ記事、欲しかった!

実際僕が運営している他のサイトでも「おすすめ記事機能」は重宝しています。

僕は売りたい商品について語っている記事よりも、なぜこのサイトを運営しているのかを先ず届けたいんです。

なぜこのジャンルについて語っているのか、なぜこのサイトを運営しているのか。
その思いを知って欲しいと思っているので、おすすめ記事機能を使っておすすめ記事としてピックアップするようにしています。

それが売上にどう直結するのかは数値では測れない部分ではありますが、僕が訪問者として訪れた場合「誰がなぜ運営しているのか」は必ず知りたい部分ですので。

色々なサイトが乱立する今とこれからの時代において、運営者の想いやビジョンのようなものは、差別化するための大切なポイントだと僕は思っていますし、それを伝えるためには不可欠な機能だと思っています。

文字サイズ

難点を言えば、PCで見た場合の文字サイズが小さいということ。

訪問者の8割以上がスマホ経由ですし、これからもスマホでの閲覧が主流のままだと思われるので、PCでの見た目の優先順位は高くないと言われればそれまでなのですが、どうしても僕は気になって仕方がなかった。

それなら自分でCSSをいじればいいんじゃないの?という線論が聞こえてきそうですし、その通りなのですが、初期設定として現状の文字サイズが僕の好みではなかった。

それが、このブログにアフィンガーじゃなくて、シンプリシティさんを使っている理由でもあります。

ま、文字サイズはアフィリエイトの収益には大きな違いをもたらさないとは思いますので、好みの問題だと思います。

アフィンガーの価格

僕が買った時は6,000円弱だった。
ただ、アフィンガーは一定期間ごとに値上げを繰り返しているようで、今はその値段で買えるのかがわかりませんが・・・。

今のアフィンガーの価格はこちらで確認してください。

購入者の視点からすると値上げは優しくないと思うかもしれないが、アフィンガーでアフィリエイトに取り組む人からすると、値上げをしてくれるのはありがたい。

みんなが同じ武器を使って戦うのなら、その戦いは武器の性能じゃなくて、ただの腕力や技量のみの戦いになりますからね。

同じテンプレートを使う競争者が増えれば、テンプレートの恩恵がグンと減るのだから、お金を払った意味がどんどん減っていく事になります。

そういう意味で、いち購入者として値上げしてくれるのはありがたいと僕は思っている。
いいタイミングで安く購入できたな・・・と思っています。

アフィンガーのコスパ

お金を支払って何かを買う。
その買い物の目的がビジネスのためであれば、当然コストパフォーマンスが気になる所です。

僕の場合、出費として6,000円未満で買ってますから、その元を回収するハードルは低く、また回収しやすいテンプレートだとも思っています。

ただ、当たり前すぎる事として言えば、テンプレートが売上を生んでくれるわけじゃないってこと。

売上に繋がる本質的な要因はテンプレートじゃなくて、運営者の考え方やスキルの部分が大きいと思う。

幸い、アフィンガーの特典として(本来はアフィンガーはオマケの位置づけのようだけど)、一流アフィリエイターでもある開発者のENJIさんが書いた、アフィリエイトで稼ぐサイト作りがまとめられたマニュアルが付いてきます。

それを「そりゃそうだよな」って思いながら読むのなら、きっとアフィンガーで元を取る事ができるし、「え!?そうなのか!」と思いながら読んだのなら、その驚いた箇所を愚直に改めて実践していけば、やはり稼げるようになります。

つまり、コスパ的に良いか悪いかでいえば、圧倒的に良い。

でも、テンプレートが結果に直結するという考え方のままだと元は取れないと僕は思う。テンプレートはあくまでおまけであり、大切なのは考え方やスキルだと考えることができる人なら、アフィンガーは鬼に金棒だと思いますよ。

恐らく、開発者のENJIさんが、アフィンガーというテンプレートをおまけにしていて、アフィリエイトで稼ぐための考え方をメインに置いているのも、そういう意味があっての事だと思った次第です。

  • アフィリエイトに取り組みたい。
  • ワードプレスで運営していて、手ごろなテンプレートがない。
  • アフィリエイトはテンプレートよりも考え方が大切だ。

この3つに該当する人には、アフィンガーはオススメです。

アフィンガーの詳細についてはこちら

該当しない人はお金を無駄にすると思うので、見送る事をオススメします。

-アフィリエイト

Copyright© えるまにー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.